いろいろな朝食

地方に行けば朝ちょっと食事をしようと思っても、コンビニなどが近くないというケースもあり、食事にありつけない可能性もあるから、朝食付きプランを選択する人たちが多くいるようです。更に最近のホテルの提供している朝食付きプランは非常に料理の種類・数など充実していて、夕食がないプランでも朝食付きプランだけでもホテルの魅力を充分堪能出来るのです。

今、若い人たちが朝食付きプランを選択する傾向が高いから、ホテルでも競争しあってそれぞれ朝食付きプランに個性を打ち出すようになって来ました。ここのホテルはこのような朝食付きプランの特徴があるからここのホテルに決めようという選択をしている人たちがとても増えています。

毎朝炊立ての福島県産こしひかりは絶品だったり、 深い味わいとまろやかな脂質が魅力の山形牛を堪能することが出来たり、ちょっと以前の朝食付きプランとは最近のホテルの提供している朝食は違うということが結構あるようです。

バイキング形式を採用しているホテルも多くあり、自分の好きなものだけを選択することが出来る楽しみがあります。もちろんそのような場所でコーヒー一杯というのでもOKですが、朝こそ食事で一日の気合いを入れたいものです。

食事なしのメリット

ホテルで提供する朝食プランについてはどうでしょうか。ホテルでは夕食と朝食が付くプランもありますが、朝食付きプランオンリーということもあります。ホテルで食事がつかないというのもそれなりメリットはあるものです。それぞれの地方へ行けば、いろいろ食べたいものがあるでしょう。ホテルではホテルの強いる食べ物が出され、基本それを食べる必要があります。

事実ホテルには夕食が必要ないと思っている人たちが多くいるのではないでしょうか。若い人たちのスタイルは、ホテルに食事をつけないで、出来る限りホテル代を安くしようというモチベーションであるかもしれません。若い人たちならホテルで食事を取らないで、コンビニで適当に済ますという発想もあります。それも旅行のスタイルなのです。

朝食プランの場合はどうでしょうか。そのような若い人たちもホテルの選択で、朝食付きプランを取り入れるスタイルがとても多いようです。朝食は一日のパワーの源です。あえて早起きをしてホテルのモーニングに足を運ぶことでゆったりした時間を過ごすことが出来ます。もちろん経営側では料金に朝食代金も含めているのでしょうけど、日本人は特に「無料朝食」という言葉には弱いようです。

メリット・デメリット

ビジネスホテル・ホテルを選択する人たちのプランは、いろいろ選択することが出来てその中には2食付きというものがありますが、他にも一泊朝食付き、素泊まりなどいろいろな選択肢を見付けることが出来ます。

まずは何が一番自分のスタイルにマッチしているかということを考えてください。ビジネスホテル・シティーホテルなどに夕食がついていることで、ホテルに対しての充実感を感じるでしょう。ただし、そのためにホテルに支払いしなければならない料金も高くなりますし、ホテルが指定する食事の時間に間に合うようにホテルに到着している必要があります。

それでもホテルに夕食がついていれば、いちいちどのお店でと考える必要はありませんし、地方に滞在する場合、自分が想像している以上お店の数がないということもあるかもしれません。

プラスして朝食プランがあることで、滞在者は確実なゆとりを持つことが出来ます。今ホテルの提供している朝食プランは、ホテル同士が競争しあってかなり魅力的なものに成長しています。無料でもたかが朝食プランでは全然ないのです。なんと朝から本格的なステーキを楽しむことができ、更に80種類もの料理を楽しむことが出来たりして、朝からワクワクな体験をすることが出来ます。

ホテル・旅館の選択

ビジネスホテルなどに宿泊しようか、旅館にしようか迷っている人たちって結構多いようです。旅館にもいろいろとメリットはあるのでしょうけど、通常であれば昔ながらのシステムにおいて、1泊2食付が基本になっています。最近では旅館のケースでも1泊朝食付というシステムを採用しているところもあるようですが、旅館の選択の場合依然基本として夕食もセットになっているから比較的融通の利かないシステムとして捉えることが出来ます。

旅館に夕食がついているから深夜到着が可能でなかったりし、旅館が提供する夕食の時間に間に合う時間内には現地に急いで到着している必要があります。ビジネスでその時間には行くことが出来ないという場合もあるでしょうし、トラベルを楽しんでいる場合、敢えて旅館で食事をしたくはないというシーンもあります。

旅館においても、いろいろ現地の美味しい食べ物を提供してくれるのでしょうけど、他の現地のレストランや居酒屋などで、現地ならではの雰囲気を楽しんでみたいと思うこともあるのではないでしょうか。朝食においても、朝食があるということで早朝出発などの時間が強いられることがあるかもしれません。

みなさんがそのような場所を利用する場合、人それぞれの目的と用途があるはずです。今、旅館というシステムがひとつの方法ということではなくて、2食付きにもメリットはありますし、朝食付きだけというのにもメリットはありますし、更に素泊まりというのにもメリットを見付けることが出来ます。そのときあなたの選択肢は旅館ではないのかもしれません。